ゴルフ クラブのヘッドに仕事をさせましょう

「クラブのヘッドに

仕事をさせるには・・?」

 

 

ゴルフのヘッドに

 

仕事をしてもらうには

いつもヘッドに気持ちを持っていき

ヘッドがどう動くかを

どのような仕事をするかを

考えることが重要です。

 

自分の身体の動きを考えるより

クラブのヘッドに

気持ちが行っている方が大切です。

 

 

ゴルフを難しくしているのは・・?

 

①ボーディーターを使って体重移動で飛ばす

②フェースをインパクトゾーンで長く保つ、

③フェースを面を変えない、スイング

等ゴルフ雑誌には書かれています。

 

言葉から感じるイメージと

実際の動きは人それぞれで

捉え方も違ってくるし

身体の動きも皆な同じではないんですよね。

 

これはアプローチなどには有効ですが

遠くにボールを飛ばすには

無理があります。

 

 

大きく体を使って振るのではなくて

体の芯を固定してクラブヘッドを

走らせるために

 

手元を一生懸命大きく使わない!

 

ということですね。

 

飛ばしたいという思いが強くなると

体を大きく回転させたり積極的に

腕を振ることに意識が

向いてしまったりするものです。

 

そしてインパクトでボールから

目が離れたり

天ぷら

引っ掛け&スライスの

OB等が待っています。

 

 

そうなるとクラブヘッドは逆に

走らなくなります。

PR広告


「クラブヘッドに気分良く!

仕事を

してもらうには・・?」

 

 

 

クラブヘッドを走らせるためには

逆に手元は大きくではなくて小さく使う

イメージが大切ですよね。

 

小さく使うと

クラブヘッドは行きたい方向に

走ってくれます。

 

手元を大きく使うと

クラブヘッドが行きたい

方向ではなくて

自分の力でクラブヘッドを

振りぬきたい方向に変えてしまうことになるので

ヘッドの重みを感じて振ることが出来ません。

 

フォローでクラブヘッドに

引っ張られる感覚も得ることも

出来ないのですよね。

 

飛ばすためには

クラブヘッドにもう少し

仕事をさせてあげるぐらいの

イメージがあると力が抜けて振りぬきも

良くなってきます。

 

そうすることにより

ヘッドスピードも上がってくれますし、

手元を大きくではなくて

小さく使うことによって

ミート率もアップするのです。

 

左手・グリップの力を抜いて

ゆるゆるグリップで

トップではヘッドを

「バタ・バタさせず」

チョット一服させて

クラブの重みを感じたら

思い切りボールなんか

「どこえでも行って前」

という気持ちで

円く左へ振り抜くことができれば

ナイス・ショットは

間違いありません。

 

間違いないと言うのはOBとかは

ないと言うことで・・

 

FWの真ん中ばかりではなく

バンカーに入っていたり

ラフに入っいたりもしますよね。

 

ただ、スイングはいつも同じでは

ありませんので・・?

 

それの精度が高いのがプロゴルファーです。

 

ゆるゆるグリップで

松山英樹プロがトップで

一服した「間」から

一気にダウンスイングする姿を

参考にするのが重要です。

 

松山英樹プロのような

すごいスイングはアマチュアでは

出来ませんが

トップで一服している「間(ま)」で

クラブの重みを感じて

からダウンスイングは

できると思います。