クラブの重みを感じていますか・・?

「グリップやスイングでの

アマチュアの錯覚」

 

 

左手・左手のグリップをグウートしっかり持った

握リすぎる錯覚。

 

グリップは出来るだけ、ゆるゆるで握るのが

正解です。

 

特に左手をきつく握ると

クラブヘッドが走りません。

 

ゆるゆるグリップで握るとクラブが

どっかへ飛んでいく錯覚。

ありますよね!

 

人間は感性と反応と予防を自然に

身につけているものです。

 

クラブをゆるく握ってクラブを

思い切り振っても

クラブを離す人は殆どありません。

 

何かの拍子で飛んで行くことはありますが

99%ありえません。

 

何故かと云いますと、

 

ゴルフクラブがボールに当たる瞬間の

インパクトの衝撃の強さを

学習しているからです。

 

これを学習しているから、

クラブを強く握る方がアマチュアには

多いです。

 

又、初心者の方にはグリップが

ガチンガチン・コチンチン

の方が多いですよね。

 

私もゴルフ始めた頃、

グリップはガチンガチンのコチンコチン

握っていました。

 

ライの悪いディイボット跡のときやラフで

ボールが沈んで入る時は

多少グリップを強く握るときもありますが

基本、グリップはゆるゆるで握ります。

 

強く握れば握るほど(グリップ)すると

 

「クラブヘッドが走らない」

 

ということを理解する必要があります。

 

それにショートサムでグリップします。

 

ロングサムでプレーされている方もあるようですが

ロングサムでグリップした

経験がないのでよくわかりません。

 

 

素振りの時のお薦めは!

 

クラブを握る時は左手と右手を

少し離して(スプリットハンドグリップ)

で握りベタ足で

初めはゆっくりと振りましょう。

 

すると左脇の締まったスイングが

身につきます。

 

その時、必ずベタ足でスイングします。

 

良くインパクトの時、右踵が浮いた

スイングをよく見ますが

なるべくインパクトの時

ベタ足でボールをヒットすることが

重要なのです。

 

レッスン書には右足の粘り

と紹介されているようです。

 

この素振りの時に

身につけるとスイングが良くなり

左脇の締まったスイングが

必ず身につきます。

 

素振りの時、1回1回

セットして素振りするのも忘れずに!

 

惰性の素振りはやめましょう。

PR広告

GDOはゴルフの総合商社!

 

ゴルフの事なら何でも相談でします。

困ったらGDO

幹事さんには役立つ情報一杯です。


アマチュアの多くは

 

「ヘッドの動かし方が知らない!」

 

 

私もレッスンプロに教えて貰った

経験もありますが

アマチュアゴルファーの多くは

ヘッドの動かし方が

知らない方が多いと注意を受けた

経験があります。

 

クラブのヘッドの重みを感じていないのと

ヘッドを動かさずにグリップを動かすと・・

錯覚されている方が多い。

 

ヘッドが走らないので手元を動かして振ろうとする

錯覚。

 

グリップを動かしてはヘッドは走らないということを

肝に命じるべきですよね。

 

もう一つの錯覚

 

インパクトでクラブヘッドを目標線上に

まっすぐに出したがる。

 

クラブは丸く振るのが基本です。

 

丸く振るということは

左肘を伸ばさずにたたんで

左脇を開けずに左へ振り抜くことが

重要です。

 

すると、クラブヘッドが走り

安定感のあるスイングになります。

 

とこをがすぐに

忘れて

 

ここで怠けてきたり、緩んできたり

 

まっすぐ目標にボールを行かせたいと

錯覚が起こります。

 

すると左にクラブが振り抜けなくなり

切れのあるボールが打てなくなり・・・!

悩んできます。

 

真っ直ぐ真っ直ぐではなく

左へ左へ振り抜く

感覚が麻痺してきます。

 

クラブヘッドをいかに上手く操るのが

ゴルフです。

 

バックスイングは大きくても良いが

インパクトは

小さくいかに早く

左へ振り抜けるかがゴルフ。

 

左の遊び左のたたみが

いかに重要か・・!

 

理解することも重要です。

 

クラブの重み・ヘッドを感じて

クラブ・クラブ!

 

クラブヘッド・ヘッド!

 

クラブの重みヘッド重み!

 

を感じそして左へ振リ抜く

ことができれば素晴らしいボールが

神さんから頂戴できる

 

回数が多くなると言われています。

PR広告

GOLF予約

お泊りゴルフ

コンペ予約

直前予約