力みの解消法と言えば・・? 

力みの解消法と言えば・・? 

 

 

 

7番アイアンで100ヤードを

打つ練習すれば

上体の力も抜けます。

 

力むと、どんな名手でも、

ナイスショットは

望めませよね。

 

でも、

何でかわかりませんが・・?

 

力みますよね・・? 

 

オッチャンも若い時は、

軽く打っはりますネ・・

 

とよく言われたもんですが・・?

 

最近では、

歳のせいか、

ゴルフが出来ない時期の

お迎えが段々と近づいて来ているのを

感じているのか

力みまくりです。

 

そこで思いついたのが、

書店に行って

ゴルフ初心に戻ろうと思い!

 

初心者向けのゴルフ雑誌を買ってきて

毎日勉強しています。

 

そこに書かれていたのを読んで

昔を思い出しながら、

初心に戻って

勉強しようと思い、

記事にしてみました。

 

オッチャンは頭が少し悪いので

記事にしたら頭に残ると勘違いして

書いています。

 

 

初心者の力みの原因と言えば・・?

 

 

クラブをきつく握りしめる

腕を強く、

早く振れば飛ぶと思っているのが

最大の悪の枢軸ですよね。

 

この悪の枢軸の錯覚を

取りのくために

どうすれば良いかを理解して

実行することですよね。

 

オッチャンも

若い時は出来ていたように

思っており、

シングルの手前1歩まで

行きましたが

いかんせん、

毎週、

ゴルフにいける余裕がなかったので

届きませんでしたが・・・?

 

よく軽く振ったはりますと

言われたのが懐かしい。

 

力を入れないで振っても、

思った以上に飛ぶものだと

実感を味わうのが、

力み解消の一番近道です、よね。

 

7番アイアンで100ヤードを

打つ練習です。

 

藤田寛之プロが

NHKのゴルフ番組でも

紹介されていました。

 

DVDに録画して持っていましたので

この買った雑誌の記事を読んでから

思い出して藤田寛之プロの

DVDを久しぶりに

見て楽しみました。

 

そこでも、

藤田寛之プロも7番アイアンで

100ヤードを打つ練習は

非常に重要とのべられています。

 

7番アイアンなら、

長さ・ロフトとも

適度で振りやすいので、

曲がることはあっても

140ヤード前後の距離が出るはずですよね。

 

140ヤード飛ぶクラブで、

100ヤードを打つのに、

力む人は

少ないでしょう。

 

クラブもソフトに持って、

ゆったりしたテンポで振れる

はずですよね。

 

すると100ヤードを打つもりが

120ヤード飛んでしまう。

 

軽く振っても結構飛ぶことを

知るのが、

非常に重要なのです。

 

軽く振ることでシャフトのしなりや

ヘッドの重さも感じる様になり、

飛距離と腕の力は比例しないことが

分かってきます。

 

ココが分かれば、

次第に上体の力が抜けていきますよね。

 

軽く振ってもヘッドスピードはあまり変わらず、

人によっては

逆にアップすることもあるようです。

 

100ヤードを打つつもりが

120ヤード飛んだら、

チョット身体の

スピードをあげると、

140ヤードは飛びそうに

思えてきますよね。

 

そこを知ることが出来れば

「力じゃないんだ、いかにタイミングよく

振るかが大切なんだ」

と思えるようになれば

「力みの解消」

につながるかも・・・・?

 

7番アイアンで軽く振って

100ヤードに届かない方は

7番アイアンで手打ちのスイングを

覚える必要があります。

スポンサーリンク