ティアップの高さ! と言えば・・・?

of 3種類の高さがあります。

「ティアップの高さ! と言えば・・?

3種類がありますよね 。

 

 

 

最近のウッドクラブは

材質・形状・フェースの厚み

等々

異なるクラブが多く出回って

いますよね!

 

ですから・・・

打ってみないとわかりませんよね。

 

頭から決めつけずに

クラブと対話しながら

貴方と相性の良い!

 

打ち方の合う

ティアップの高さを

実際にボールを打つ中から

見つけ出すことも

必要ですよね。

 

練習場では

ウッドでは3種類の

ティの高さで打ってみることも!

大切ですよね。

 

ウッドで練習する時は

飛距離の確認やその他

色々、テーマがありますが・・

 

ウッドの練習をする時には

ティアップの高さにも

注意をはらいながら

確認することも大切ですよね。

 

一般的には

ヘッドの上にボールが半分

出るティアップの高さが良いと

されていますよね。

 

ただ、

スイングには個人差があるので

一般的な高さが合う人と

合わない人がいます。

 

ティアップの高さでスイングの

イメージも変わってくるから

3種類の高さのティを

ひととおりテストしてみる

必要があります。

 

スポンサーリンク


ティの高さの重要性といえば・・・?

 

アマチュアゴルファーで

 

気にしている方といえば・・

殆ど、気にしている方は少ないと

思いますよね。

 

適当にティーペグを刺してウッドを振っている方が

多いと思いますよね。

 

せっかくよく飛ぶと評判のドライバーを買ったのに

全然飛ばない!

 

と感じている方はティーアップの高さが

原因かも・・?

 

一般的にその基準の高さより

高くティアップすると球筋が高くなったり、

左へ行きやすくなります。

 

逆に低くティアップすると

球筋が低くなったり、

右へ行きやすくなります。

 

ドライバーのティアップは、

フェースのトップからボールが半分見えるのが

理想です。

 

そこからご自身の打ちやすい高さに

微調整するのがBESTです。

 

それと同時に確認することがあります。

 

ボールを置く位置と言えば・・・?

 

クラブの中でもボールを一番左側に置くべきなのが、

一番長さのあるドライバーです。

 

一般的には左足のつま先を基準にすることも

多いのですが、

足の位置は毎回ずれてしまう

可能性が高いですよね。

 

それよりもあまり変化することのない

「脇」

 

を目安として使うことを

オススメです。

 

したがって、

ボールの位置は両足の真ん中から

左脇の間で、

クラブが長くなるに連れ、

徐々に左脇の方に移動させていく練習も

必要ですよね。

 

このボールの位置も人によっても

スインググまちまちなので

練習場でボールの位置の確認も重要です。

 

 

アウトサイドインの方

 

アウトサイドインの傾向がある方は

低めのティーアップがおすすめです。

 

なぜかというと、

クラブの入射角が鋭角になるので

ティーアップが高いとテンプラなどの

ミスが出やすくなるからです。

 

インサイドアウトの方

 

インサイドアウトの傾向がある方は

高めのティーアップがおすすめです。

 

インサイドアウトの方は、

すくい上げるようなスイングになる傾向が

ありますので

低いティアップだと

地面をダフってしまったりする

可能性が出てくるからです。

スポンサーリンク