スタンスの向きについて

in なにわのオッチャンのページ

スタンスの向きは

 

フェアウエーを縦に2等分して

左側を向いて立つ!

 

ことが重要と言われています。

 

 

ショットがブレる時は

まずスタンスの向きを

チェックすることも重要です。

 

ボールを打ち出してやろうとする

方向(飛球線)にスタンスが

平行に向いていないと

目標に正しく構えたことに

ならないのだが

それよりだいぶ右に向いて人が

多いそうですよね。

 

目標にスタンス向けようとすると

実際は右に向くので

フェアウェーを

縦に2等分してセンターより

左側に身体を向けるようにする。

と良い!

 

目標にスタンスを向けようとするから

右を向いてしまって

ミスショットになります。

スポンサーリンク


「少し左を向いて・左に振り抜く」

 

 

フェアウェーのセンターより

左を向いたら

体の向きはそのままにして

左の足を少し前に出して

スタンスだけ

いくぶん右に向けるようにします。

 

体を少し左に向けて

スタンスはややクローズ気味に

する感じです。

 

そうすると、

左半身が引けないので

左足を軸にして

振り切っていけます。

 

「ちょっとだけ左を向く」!

 

真っすぐ構えると、

真っすぐ打ちたくなりますよね。

 

 

 

正しいスウィング軌道は・・・?

 

 

インサイドからクラブが下りてきて、

インサイドに抜ける。

 

これが正しいスイング軌道ですよね。

 

 

でも、コースの真ん中を走るラインを

イメージし、

そこに打ち出していこうと思うと、

ついつい、クラブを飛球線に対して

真っすぐ動かしたくなってしまうんです。

 

 

 

フォローで「左に振る」のが

正しい軌道

 

 

なのに、

フォローを真っすぐ出したく

なっちゃうんです。

 

コースに出たときに気持ち左を向く

意識で構えてみると、いいですよ!

 

 

ラウンド中にボールが右にいき出したら、

気持ち左を向く意識を持ち

クラブを目標に出さず

左に振り抜意志を持って

スイングすることが大切です。

 

スポンサーリンク