高速道路のトンネル!

in なにわのオッチャンのページ

トンネル走行を苦手に感じる

ドライバーが多い!

 

 

トンネル走行を苦手に感じる

ドライバーが

  多いそうですよ。

 

何故だと思います・・?

 

その理由の一つは

明暗の差ですよね。

 

昼間は特に、

トンネルの中と外でおきる

明暗の差が

トンネル走行の苦手につながるのですよね。

 

そして視覚能力が落ちる事もあるのです。

 

自分の能力をカバーするためと、

又、他車の方にも

見落としを防ぐためにも、

下向きのヘッドライトを

必ず点灯して走行したいものですよね。

 

もう一つの理由は、

トンネル内では、特有の圧迫感や

速度が早く感じますよね。

 

トンネル走行が苦手と感じる人は、

近くの側壁や路面に

視点をおいてしまいがちになりなります。

 

それで、圧迫感や速度感が

更に増大してしまうという

悪循環に陥ってしまうことになるのですよね。

 

スポンサーリンク


 

 

高速道路のトンネルの苦手を

克服するポイントは・・?

 

 

●入口の手前では、

必ず下向きのヘッドライトを点灯しましょう

 

(今の車には点灯忘れ防止に役立つ、

自動で点灯する機能がついていますので

オートスイッチに・・)

 

スモールランプをつけている車もありますが、

自車の存在を示すには明るさが

不十分ですよね。

 

出来ればトンネルに入る前から、

ライトを点けたいものですよね。

 

又、トンネルに入る時は、

予め目を細めておくと、

内部の暗さに

慣れやすいとも言われています。

 

●速度の低下に注意して

視線はなるべく遠くに・・

 

トンネルに入ると側壁が迫り

流れるように見えますよね。

 

そのために速度が早く感じますよね。

 

そのために無意識のうちに

アクセルをゆるめてしまう

ドライバーが殆どですよね。

 

その速度低下がトンネル内の

渋滞や追突事故に

繋がっているのですよね。

 

対策として速度を常にチェックして、

自分が走る車線のなるべく

遠くをみるようにして運転すれば

速さによる恐怖を感じるのも防げる様に思います。

 

普段の走行も出来るだけ同じ速度でスムーズな運転に

心がける事も重要ですよね。

 

スピードを出したり、

落としたりして運転するかたも

多く見られます。

 

●出口が見えてきたら、

予め明るさに慣れておく

 

トンネルの外の明るさに

目がくらまないように

出口が見えてきたら視線を

早めに明るい方に向けて、

目を慣らしておくことも重要です。

 

ヘッドライトは

トンネルを出てから消しましょう。

 

忘れがちなのは・・・?

トンネルの出口付近では、

横風でハンドルを

取られたり、

路面が濡れていて急に滑りやすく

なる事もあるので注意が必要です。

 

出口付近では片手ハンドルにも

気をつける事も重要ですよね。

 

トンネルの入口では必ず!

規制情報にも注意しましょう。

 

 

入口に信号機が設置されている

トンネルもあります。

 

トンネル内の事故や火災などの

非常事態が発生した際には

信号が赤になっている場合は

進入したらダメですよ。

 

トンネル手前に設置されている

情報板にはトンネル内での

渋滞が発生したり

故障車がいたりするような場合には

情報が表示されます。

 

トンネルに入る前には

必ず情報板の確認をしましょう。

 

ラジオをつけておくことも

おすすめです。

 

スポンサーリンク