前傾姿勢を保つ3原則

of なにわのオッチャンのページ

ゴルフスイングの基本は

前傾姿勢のキープです。

 

 

ゴルフボールはじーっと止まって

打ってくれるのを

待っていてくれていますよね。

 

だから

誰でも最初はゴルフって簡単だと

言いますよね。

 

野球やテニスや卓球やサッカーって

ボールが動いていますよね

 

動いているボールは簡単には打てへんと

感じますよね。

 

でも、ゴルフボールは止まっているので

簡単に打てるとの勘違いが

ゴルフの面白い所

なんですよね。

 

止まっているボールを上手く

ヒットするには

打つ方の方が

上下・左右・前後に動いたら

止まっているボールを

上手に

ヒット出来ませんよね。

 

私もそうでしたが

「くそーっ・・・・・・」

 

なんで止まっているボールに当たらへんで

空振り・・やねん・・・?

 

なんでや・・・・・? 

どないなってんねん?

カーットど頭に来て・・・

血が上ったことありました。

 

スイング中に前傾姿勢が崩れると

ダフリ、トップ、チョロ

最悪の場合は空振りにつながります。

 

 

理由は簡単でっせ!

 

アドレスとインパクトで前傾姿勢の

角度が変われば、

当然、ボールと体の距離が変わり芯で

ボールを打つことが難しくなります。

 

なので、

どんなスポーツでも言えると思いますが

最初の構えって大切だと

思いませんか・・・?

 

構ってその人の意志が現れるんですよ。

 

正しい姿勢はすべてのスポーツに共通する

基本中の基本ですよね。

 

ゴルフにおいての前傾姿勢とは、

まっすぐ、遠くに飛ばすため、

最も基本的で重要なことなんです。

 

しかし、

意外と前傾姿勢が

崩れてしまっている為に、

正しいスイングができていない方が

多いのです。

私を含めて

 

プロゴルファーの姿勢はいいし

美しいですよね。

 

トップも高く体も柔らかく、

そして鍛えられています。

 

又、

プロゴルファーのスイングは一朝一夕に

真似をすることはできませんが、

正しく素晴らしい前傾姿勢は

今からでも真似ができますよね。

 

前傾姿勢を崩す原因に

ボールから目が離れるのもありますよね。

スポンサーリンク


前傾姿勢の崩れは

ショットの崩れ

 

 

ボールは止まっているので、

前傾姿勢を常に一定に保つことで

正しいインパクトの確立が圧倒的に

高くなります。

 

前傾姿勢が崩れると、

クラブの入射角も崩れるので

ボールが上がらない

原因にもつながります。

 

前傾姿勢の崩れはショットの

崩れにつながるのです。

 

 

1・前傾姿勢を保ったまま

手首の角度を保つて

スイングする

 

2・バックスイングで右膝・

ダウンスイングで左膝を伸ばさない

 伸ばしすぎると

前傾姿勢が保てずミスにつながる

 

3・骨盤と肩の平行な角度を維持したまま

廻してあげる、

これが出来ないと

 ゴルフの表現にある

ギッコンバッタンして

前傾姿勢が崩れる

 

この3原則を身につけるには、

欲を捨て見栄を捨て、

クラブヘッドがボールに近くを

通るまで見ておく、

そしてボールの行き先を気にしない

余裕を

持てれば、前傾姿勢は保てますよね。

 

ゴルフスイングで重要な正しい

前傾姿勢を身に付けた結果、

一気にゴルフが上達する

可能性もあるのです。

 

ここにゴルフの原点が集約されていますと

私は思っています。

 

ここは非常に重要で、

アマチュアゴルファーが解決出来なくて

上手くならなくて、悩んでいる所です。

 

ゴルフボールが止まっているから、

人それぞれの意志が反映されて

難しくしているスポーツ・ゲームです。

 

勝負・見栄・欲が合わさったのがゴルフ。

 

 

奥田靖己プロがおっしゃる言葉。

 

自然を相手に

ゴルフコースと

対話しながら

感性を磨くのが

ゴルフと

TVでおっしゃっていました。

 

 

ゴルフで

感性を磨きたいものですよね。

 

すぐに同伴競技者のスコアが

気になり負けられへん!

 

相手よりチョットでも

遠くへ飛ばそうとして力む!

 

この繰り返し! 

なんとかしたいが・・・?

でけへん!

難儀なこっちゃ!

スポンサーリンク