ゴルフはターゲット・ゲームです!

of なにわのオッチャンのページ

画像は星田ゴルフセンターより

 

フェースの芯でナイスショットしても、

飛ぶ方向が間違っていたら、

ミスショットになりますよね。

 

あなたは、練習場でボールを打っている時、

目標を定めて練習していますか・・・?

 

準備運動もそこそこで

ボールを打っていませんか・・・?

 

私も練習場に着いたら準備運動もせずに

すぐにボールを打っています。

 

先日、大阪の交野市にある

星田ゴルフセンターで練習している時に、

偶然に隣にゴルフの上手な

方がおられました。

 

見ていたら、

1球1球ボールの後ろに立って

ショットされていました。

 

気になって、その方に聞いてみました。

 

その方は、

交野カントリー倶楽部の

メンバーさんでHDCP・6と申されていました。

 

クラチャンを狙っているそうです。

 

練習の時からいつも目標意識を持ち

ターゲットを見つけてひたすらそれに向かって

1球1球ボールの後からターゲットを確認して

練習すべきと教えて頂きました。

 

スポンサーリンク

画像は星田ゴルフセンターより

 

練習場で身につけること・・・。

 

練習場のマットがどこの方向に

向いているかを確認する。

 

マットの後ろに立って何番目の鉄柱の方向に

向いているか

といった目標を決める。

 

また、打席が選べるようなら目標が

はっきりする場所を

見つけることも重要。

 

練習場にはいくつかグリーンが作ってあり、

ピンが立っています。

 

マットがピンの方向に向いている

中央の打席を探します。

 

そうすると打球がどのくらい目標から

外れているかを

チェックしやすくなりますよね。

 

最近の練習場は自動ティアップ器を設置

しているのが多いですよね。

 

ただひたすらボールを打っていっる方が

殆どですよね。

 

ゴルフが上手くなりたかったら、

胸の前でグリップを作り、

フェースを正しく合わせて、

最後に足の位置を決めます。

 

1球1球、ボールの後ろに立ち、

ターゲットを確認し

胸の前でグリップを作り、

フェースを正しくセットして、

最後に足の位置を決めて、

ショットする。

 

この一連の動作を身体に染み込ませる、

習慣をつけておくと、

方向を誤らず良いリズムで

スイング出来るようになりますよ。

 

と教えて頂きました。

 

今まで、いかに長い間、

無駄な練習をしていたかと

感じました。

 

素晴らしい1日を、

プレゼントしてもらって

 

嬉しかったですよね。

 

スポンサーリンク