クラブを持つ時は左手で!

左肘を下に向け

左脇を締めたグリップで!

 

 

 

 

クラブを持つ時は必ず、

左で持ってみて下さい。

 

右利きの方はどうしてもクラブを

右で持ちますよね。

 

それを左で持って挑戦しょうと

思っている方

向けに書いています。

 

「ジャンボ尾崎プロ」

 

は日常生活ではなるべく

左手を

使うように努力されたそうです。

 

 

クラブを握る時は

左脇を締めてから握っていく

いきなり左手で掴むように

握るのではなく

左脇を締めてから握っていくのが

ベストなんですよね。

 

 

特に

左肘を下に向け脇を締めて左手の

外側の指から

つまり小指から握っていき、

左肘を伸ばし切らないで

ゆったりとさせる。

 

 

スイングをリードするのは

左腕・・・・!

 

 

だから

特に左腕のグリップは

大事なんですよね。

 

小指・薬指・中指でクラブを

しっかり握り

 

しっかり!握る!

 

を勘違いされてはいけません!

 

きつく握るのではありません・・

 

クラブの重み!

 

ヘッドの重みを感じる!

 

ゆるゆるグリップで、

しっかり握るということです。

 

小指・薬指・中指で

グリップを真綿で包むように

握るということです。

 

親指と人差し指はくっけて、

わずかにフック型の

グリップを作るように習慣づけると

良いですよね。

 

ショートサムです。

 

1打ごとに左肘を下に向け

左脇を締めてからグリップするのを

覚えると

縦振りのスイングが出来ます。

 

スポンサーリンク


縦振りを理解するのは大切です

 

 腕は上下に動かし、

身体の動きは横の回転となります。

 

ゴルフスイングで

腕の動かし方を理解していない方が

多いと思いますよね。

 

 

よくゴルフは

「上げたものを下ろすだけ」

と言われますよね。

 

クラブを上から下に動かすと言う

基本を知らない方多いですよね。

 

私も時々忘れるときもあります。

 

 

それは実際にボールを打とうと力んだ時に

クラブを縦振りでなく

横振りをしてしまいます。

 

 

極端にいうと

トップからクラブフェースを

直角にボールに当てに

行ってしまいますよね。

 

前傾姿勢と腰の回転を止めて

腕の振りだけで

クラブは振ってみれば

上下運動つまり

縦振りの感覚が

身に付きますよね。

 

 

左手のグリップで大切なことは、

左手の小指と薬指の付け根に沿って

斜めに当てて、

指中心のグリップにすると、

左手のナックルが

2つ見えます。

 

 

これがスクエアグリップです。

 

 

ナックルが2つ見える!

 

左手を少しかぶせたグリップの

自己チェックの方法として・・・

 

グリップして人差し指を除く

4本の指を離してみて下さい。

 

それでクラブが手の中から

ズリ落ちなければ

それでOKです。

 

アマチュアには

手首が柔らかく使える

フィンガーグリップがお薦めです。

と言われています。

 

 

ゴルフは右利きの方は

 

左手・左肘を柔らかく使い

左手! 手動でクラブを

左に振り抜いていければ

球筋の安定したボールが

FWやグリーンに向かって

飛んでいき!

 

最後の着地は

その飛んで行った場所の付近の

一番低いライでプレーヤーが

来るのを待っている!

 

ということです。

 

左利きの方は真逆です。

 

 

アマチュアの多くの方は

 

グリップを上手く使う・動かすことに

集中し

 

ヘッドを上手く走らせることを

知らない!

 

が最大のテーマです。

 

どうしたら、

いいんでしょうね・・?

スポンサーリンク