グリップのお話!

in なにわのオッチャンのページ

グリップのお話です

 

 

 

グリップについて色々なアドバイスはありますが

両手共、親指と人差し指の根元は

しっかりとくっついていなければ

いけない。

 

と考えています。

 

けっして力強く、くっつける必要は

ありません。

 

軽くいつも、くっついているように

するということです。

 

その2本の指の作るV字型を細いものにすれば

しっかりとしたグリップになります。

 

右グリップ、左グリップの

V字型は崩したくないものです。

 

親指と人差し指の作るV字型の維持が

何よりも大切であって、

グリップ作りの最優先にしたいものです。

 

それによって手や腕に余計な

チカラも入らなくなり 

しっかりとした

安定感のあるスイングの基本が

身につくように感じます。


私は家にいてTVを見ている時

いつも両手の親指と人指し指に

500円玉を軽く挟んで

500円玉が落ちないように

意識付けと、人差し指の根元に

少し膨らみを持たすように

鍛えています。

 

練習場へ行った時は500円玉でなく

ティを右手親指と人差指の根元に

指して練習しています。

 

500円玉だと、どっかへ行ったら

もったいないんで

ティでやっています。

 

なかなか難しいですよ・・・。

 

左手は小指から薬指・中指との

順番で握ると良いと

雑誌には書かれていますが、

 

これでは腕に力が入って

スムーズに振れないので

左手も親指と人差指を

くっつけて握ると

腕に力が入らないように

思って、頑張っています。

 

正しいグリップは指で握る!

 

 

左手の親指は詰めてセットする

ショートサム!

 

 

 

 

 

 

手のひらで握ってよいのは

パターだけですよね。

 

スポンサーリンク